冤罪(誤判)防止コム >> 足利事件再審公判 >> 足利事件:日弁連「調査報告書」(2011.5.6)

足利事件:日弁連「調査報告書」(2011.5.6)

日本弁護士連合会 は,2011年5月6日足利事件につき誤判原因につき検証し、調査報告書を公表しました。それによれば 「日本弁護士連合会( 以下「日弁連」という。) は,冤罪の根絶に向け,これまでも多方面の努力を重ねてきているが,足利事件についても,今後の冤罪の防止を期すため,弁護人の活動を含む,捜査と公判について検証することにした。そこで,2 0 1 0 年( 平成2 2 年)9月に,日弁連刑事弁護センターの委員及び栃木県弁護士会所属の委員からなる「足利事件調査チーム」( 以下「調査チーム」という。)を組織し, その委員6 名により調査を行った。調 査 チ ー ム は ,本件記録の検討のほかに,菅家さん, 支援者のA さん,再審弁護人, 第1 審弁護人,控訴審及び上告審弁護人並びに栃木県弁護士会所属のB 弁護士から事情聴取を行い,それぞれ報告書を作成して, 数次の合議を経て本報告書を取りまとめた。」とのことです。

同報告書をご覧になるには右のfileをクリックしてください。「足利事件」調査報告書-1.pdf